未来の人間にとって絶対に必要なことは宇宙旅行、つまり地球からの脱出です。何故なら50億年後には太陽が燃え尽きてしまうからです。

しかしヒトは現在のサイズでは大き過ぎ、また重すぎて重力の変化に弱いのです。そこで、一つの例として1万分の1の大きさになれば、体重は5グラムほどになり、ジャンボジェットサイズの機体に500万人が乗れます。

ちなみに、人類によって地球環境が汚染されてしまったとか、エネルギーを使い果たしてしまったといった理由で、地球から離れることはありません。それらは、必ず解決できるからです。


        


5グラムと言うとアメ玉1個程度となり、脳の容積が問題になりそうですが、不足分はクラウド的なもので補うことになるでしょう。

この条件で同じものを1000機作れば、50億人が搭乗でき、地球脱出が、より現実的になります。ちなみにボーイング747だけでも、1969年から2014年の間に1500機が納入されています。

50億年後はずいぶんと先のように思われますが、その間にかなり大幅な進化をしなければなりません。ただし自然な進化というより、人為的な品種改良のようなものに近いでしょう。

というのも、一般的に進化は現状に合わせておこなわれてきていて、まだ来ぬ未来のための進化というのは、起きようがないからです。

品種改良で有名なのはイヌです。500以上の多品種を誇るイヌという生き物は、大自然には存在せず、ヒトがオオカミから作り上げたもので、よく神様がおこらなかったものだと、感心します。


         


出来ることなら、私たちはハリウッド映画のように、現状のまま宇宙へ旅立ちたいのですが、この姿は地球に特化しすぎて、宇宙旅行向きではありません。

例2として更に宇宙旅行向きなスタイルがあります。それはヒトのDNAを持った微生物です。宇宙線にも強く、寿命は1万年だとすると、光速の1万分の1の速度(時速11万キロ)で飛べば、1世代で1光年の距離まで到達できます。

これではまだ「オールトの雲」までしか行けませんが、数世代後にはもっと遠くに行けるでしょう。木星探査衛星ジュノーが時速26万5千キロなので、速度が数倍になれば、何光年も距離が伸びます。


            


実際には100万年生きる微生物もあり、到達した新しい地球で最初から進化するのではなく、現地で解凍するデータファイルのように展開するべく、広い宇宙を旅します。

ヒトがヒトのかたちのまま宇宙へ行くのは、音楽をデータでダウンロードするのに対し、楽団を家に呼ぶようなことになります。

また星の距離が縮まるチャンスもあります。それが天の川銀河とアンドロメダ銀河の衝突です。衝突と言っても星同士がぶつかる確率はひくく、数光年の隣りに別の太陽系が引っ越してくるかもしれません。

そうした遠い未来の話をされても、どうせ見ることはできないのだからと、無関心になりがちですが、たとえ見ることができたとしても、あまり感動は無いかもしれません。

地球が46億年かけて作った、この現在という奇跡の瞬間に対し感動がない人間ならば、未来に何が起きても同じことなのです。

本格的SFの世界を感じ取るためには、現実もよく見る必要があります。バックトゥザフューチャーでは、空飛ぶ車や浮かぶホバーボードがありましたが、スマートフォンはありません。


          


ではどちらが未来的に有効だったかといえば、車が空を飛ぶ代償として、スマートフォンを取り上げられた生活を考えれば分かります。

つまりフワフワみんなで浮かぶのは気持ちよさそうですが、実生活ではそれほど重要ではないのです。一方AIの発達で、ヒトは何もしなくて良くなってしまうのではないかと心配されています。

ところが宇宙では何もせず、エネルギーを使わないことが重要です。宇宙旅行の間に、乗員同士のいさかいやケンカが起きるのは、夢のような出来事となるでしょう。

そして宇宙に飛び出すとき、もはや発射エネルギーすら使わないかもしれません。太陽は燃え尽きる前に巨大化して、その直径は太陽の中心から地球をはるかに超えます。

つまりみすみす巨大化する太陽に飲み込まれ、溶かされるくらいなら、すい星を誘導して地球に衝突させ、そのエネルギーで宇宙に飛び出すのです。


       


一見乱暴な計画ですが、ここは「地球に優しく」などと言ってる場合ではありません。これにより得られるエネルギーは、人間の作る全核兵器の総和の比ではなく、予想外のスピードが出せる可能性があります。

このような極めて強い衝撃に対しても、微小構造は有効です。そして到達した地球の環境に合うよう、ファイルが徐々に解凍されてゆくわけです。

その時私たちの姿は、どのように復活されているでしょうか。ところで話は前後しますが、私たちが未来に向けて形を変化させるイノベーションの源はなんでしょうか。

まず国家などによる強制的変化や宗教もしくは思想などによる変化は、結局のところ組織がからみ、長く続かないので、ダメでしょう。

つまり自主的に知らないうちに自らを品種改良する事になり、そこで役立つのは意外にも、「美」のエネルギーであろうと考えます。


     


このとりとめのない美という概念は、生殖や娯楽をはじめとして、経済や政治でも、常にあらゆるところで驚くべき機能を発揮しています。

また歴史上あらゆる時代においても、その形を変えて、柔軟に、ヒトだけでなく様々な生物、おそらくは恐竜に対してさえも支配力をもっていたでしょう。

しかしながら学術的には美術や哲学及び心理学、そしてせいぜい生物学などに限定され、これが宇宙の秘めたるエネルギーとして、天文学や宇宙物理で語られる場面はありません。

例えば宇宙は電気エネルギーを用意していて、ヒトは紀元前からその存在を充分知ってはいましたが、19世紀まで本当の活用方法は分かりませんでした。

同様に、美が人類にしか持ち得ない未来に向けての進化アイテムであると自覚し、充分コントロールする日が来るのか、あるいは知らないうちに進化してしまうのか、予想もつきません。

いずれにしても、宇宙がもたらした生命といいうシステムは、どこかで途切れる事は無いでしょう。すなわち水素から核融合により様々な元素を作り続けている宇宙の実験室では、同じく生命の実験もまだまだ終わりません。

こうして真のバイブルは、今なお綴られ続けています。その中で「ウザイ!」と言われながらもしつこく問い続けたいこと。美とは?