TOPIC
8月27日、藤田医科大学の発表で
低濃度のオゾンでも、コロナウィルスが
減少すると、世界で初めて証明されました。



スタジオやライブハウスなど
音楽施設関係者のみなさん、

変化を繰り返すウィルスにワクチンを待ってもダメです。
今すぐ物理的防護措置に頭を切り替えましょう。
今までのアルコールに加え

オゾン殺菌灯
これをぜひ真剣に考えて下さい。
そして共に繁盛しましょう。










いらっしゃいませ。


世界一
コロナにアグレッシブな
スタジオ (since1979)
アワーハウスです。

1912年(明治45年)からこの場所で
商売を始めて108年

第2次世界大戦中も休まず営業

スタジオも
おかげさまで41周年。

今年も、よろしくお願いします。





アワーハウスの殺菌3本柱は、
気体、光線、液体、つまり
オゾン、殺菌灯、アルコールです。









光の届かないエアコン内部などを
常に消毒するには、
オゾン殺菌の出番です。



特に
アルコール
儀式のように
手にちょっと吹きかけただけでは
エンベロープを破壊できません。



 
(YouTube )




         





お仕事帰りのバンド練習 
(ドタキャンOK!)

インディーズのレコーディング
 (出来高払い!)

お得な個人練習 
(何ヶ月先でも予約可!)

新登場の
3人限定サービス!?

すべておまかせください!
予約のお電話は

03−3451−7428です



    


  


    






御予約Q&A

Q) なぜドタキャン
OKなのですか?

A) 首都圏での活動は
時を追ってコンディションが
変化しますので、

  そうしたお客様に
キャンセル料という
足カセをお着けするのは

 ダサイ!ロックじゃない!
と思ったからです。

また大雨、大雪、酷暑の
日があります。


テロや感染症、放射能の
脅威もあるでしょう。

そんな時、
まず身の安全を守れ
ということです。

さらに少し遅れるので
30分ずらしてスタートなど
自由過ぎる選択肢も
あります。

ただし、「ドタキャン」と
「非通知でご来店頂けない」
ということの違いは
ご理解下さい。

ご遠慮されることなく
必ずキャンセルの
ご連絡をお願いいたします。

Q) なぜ録音は
出来高払いなのですか?

A) 風邪でノドがガラガラなのに、

ムリして歌録りに
いらっしゃる事があります。

二日酔いで、
録音どころではないことも
あるでしょう

  そんな時、
「カネはいらんから
早よ帰って休め!」

ということです。

  
また、「予約時刻に間に合わない!」

などと車でアセるのは、
交通事故のもとです。


Q) なぜ個人練習は
いつでも予約できるのですか?

A) キャンセル料が無いので、

バンド練習で
ご予約をとられても、

   当日個人練習にご修正頂けます。

   つまり「前日からご予約受付開始」
といったことが、

意味をなさないのです。

2人まで入室可能なので、

1対1のドラム教室などに
大好評です。

しかもキャンセル料がないため

急な生徒さんの予定変更にも
笑って対応できます。

さらに新登場の
3人限定サービス」も
お得です。


Q) 一見良心的とも思える
このシステムに、

何かとても恐ろしい

大きな落とし穴は
無いのでしょうか?

A) ・ ・ ・ ・ あります。


Q) エエッ! そ、それはどんな?

A) 例えば
ダブルブッキングなどが
発生した場合、

ご予約の際の言い間違いや
聞き間違いなど、

双方の予約に関する責任は

全てまったく問題にされず、

スタジオ側の決定に
従っていただきます。


Q) ・ ・ ・ 最後に
アワーハウスのポイントカードは

たまりやすいと言うウワサを聞きましたが
ホントですか?

もしそうなら
理由を教えてください。

A)・ ・ ・ ・ 通常スタンプを押すのは

1000円につき
1コのはずでしたが ・ ・ ・ ・、

見栄を張って
四捨五入方式を採用してしまったため、

場合によっては

倍のスピードで
スタンプがたまってゆくのです。

尚、当スタジオの顧客情報は

絶対にハッキング出来ない
システムとなっております。

Q)それっていまだに

紙のノートで
管理してるって事だったりして。

A)・ ・ ・ ・ 。

Q)・ ・ ・ ・ 。

人は必ずエラーを起こします。
だから「許そう」
という気持ちが必要なんですね。

キャンセル料金がない
本当の理由です。












































































































.







.






























































.





















































































.